https://www.wowapp.com/w/kaoru.ikeda/Kaoru-Ikeda

Utsuke Bron

Information Business Network

京都・麸屋町通四条上る、権太呂のけいらんうどん【みんなで楽しむご当地グルメ】


f:id:kaoruikeda:20170104132950p:plain


京都、麸屋町通四条上る、権太呂の「けいらんうどん」をご紹介。歴史スポット巡りの合間にほっと一息、ご当地ならではのメニューが、旅の思い出作りをグンと盛り上げてくれますよ!


f:id:kaoruikeda:20170104133240j:plain


f:id:kaoruikeda:20170104133307p:plain

京都 権太呂 金閣寺店 

 

麸屋町通四条上る、権太呂のけいらんうどん、薦めてくれた旅人さんの声

 

旅行が好きで何度も京都に行っていますが、権太路本店で頂いた「けいらんうどん」は絶品でした。ふわふわのたまごと、出汁の効いたとろとろの餡かけがとても美味しかったです。あつあつで、ふうふう言いながら頂くけいらんうどんは見た目以上にボリュームも満点なので、これだけでお腹も満足できます。

 

また、けいらんうどんの中にはたっぷりのしょうがも入っていたので、しょうがの苦手な方は先に抜いてもらう方がいいかと思います。ちなみにテーブルの上にある山椒をかけて頂くと、また違った風味が楽しめるのでお薦めです。

 

このご当地グルメの歴史メモ

 

明治43年創業の麺処「権太呂」。古くから出汁に対して強いこだわりを持ち、九州近海で穫れるウルメイワシを何度も乾燥させ、一年の熟成期間を経た後に節として使用し、その他にもコクを生むためのゴマサバの節、上品な香りを生むためのメジカの節など3種類もの節を用い、北海道産の羅臼昆布と古くから京都の街の地下を流れる名水を組み合わせて作られる出汁は、黄金の出汁とも呼ばれます。

 

権太呂には京風うどんすきや、鴨なんば、にしんそばなどの人気定番メニューもありますが、コアなファンに人気を集めているのが「けいらんうどん」。かつては貴重品であったというタマゴを贅沢に使用し、とりみのある餡の上品な味わいも抜群で、生姜が添えられたこのうどんは、冬の京都旅行の合間に冷えた身体を温めてくれる絶品のメニューです。

 

 

権太呂 本店

食べログ権太呂 本店