https://www.wowapp.com/w/kaoru.ikeda/Kaoru-Ikeda

Utsuke Bron

Information Business Network

陸別町、、、極寒

f:id:kaoruikeda:20170201164043j:plain

広い北海道の中でも、とりわけ寒い陸別町(りくべつちょう)。


日本一寒い町を“ウリ“にしているだけあって、町の公式ホームページのトップには、「今期の最低気温」が表示されています。そんな陸別町は長いこと、「日本一寒いまち」として知られていましたが、はたして本当に日本一なのか…。そんな疑問を払拭するべく、このほど、過去のデータを分析した結果を論文にまとめたものが学会誌に掲載され、本当に日本一寒いまちであることが実証されました。


白い恋人 24枚入ミックス 石屋製菓

白い恋人 24枚入ミックス 石屋製菓


今期の最低気温は-28.7℃!! 「盆地冷却現象」で冷気がたまる。論文を発表して実証。


f:id:kaoruikeda:20170201165015p:plain


盆地の中に冷気がたまるのか…

日本一暑い町は、熊谷市をはじめ、四万十市館林市、多治見市などがあげられますが、日本で一番寒い町といえば、北海道の陸別町です。北海道の東側、十勝管内に位置し、摩周湖や阿寒湖、十勝川温泉などにも近いので、道東の観光の拠点になっています。
そんな陸別町の今期最低気温は-28.7℃(1月27日現在)。昔から、北海道の中で最も「寒い」とされていましたが、このほど、過去10年の観測データを分析し、日本気象学会の学術誌「天気」2016年11月(vol.63)に掲載され、本当に「日本一寒い」ということが実証されました。
論文のタイトルは、「日本一寒い町、北海道陸別気象庁による2007年から2016年までの10年間の観測データに基づく-」。4人の専門家が執筆に関わりました。分析には、過去10年間の1~2月の平均気温や、最低気温の平均などが使われ、その結果、期間中の1日の平均気温が-10.5℃で全国1位になるなど、数値化すると、陸別町の寒さがあらためて裏づけられました。
執筆者の1人は、陸別町が冷え込む要因として、盆地状になっている低い地域は、周辺からの冷気がたまる「盆地冷却現象」が影響していると説明しています。


星がきれいな陸別町。「銀河の森天文台」では12日まで、オーロラのイベント開催!!

f:id:kaoruikeda:20170201165259p:plain


陸別町は昭和62年度に「星空の街」に選ばれ、さらに平成9年度には「星空にやさしい街10選」にも認定されました。このように、星がきれいな陸別町には  「銀河の森天文台」(りくべつ宇宙地域科学館) があります。
一般公開されている天文台としては、日本最大級の115cm反射望遠鏡があり、その時期に見える惑星や月、星雲や星団、銀河などを見ることができます。また、晴れていれば昼間でも明るい恒星を見ることもできます。1階には展示室、2階には望遠鏡ドームや観測室などがあるほか、国立環境研究所の観測室なども併設されていて、大気やオーロラなどの研究も行っています。
2月1日からは、カナダで出現するオーロラを生中継するイベントが開催されます。
●「オーロラウィーク2017 カナダイエローナイフからのオーロラ生中継」
●2月1日(水)~12日(日)
●中継時間:午後2時~8時(1回約15分)
●参加料:無料(入館料のみ)
●問い合わせ0156-27-8110
※カナダのイエローナイフはオーロラベルトの真下に位置しているため、一年中オーロラの出現率が高いのですが、現地との時差が-16時間あります。日本が午後2時のとき、現地時刻午後10時の映像を見ることができます。
〈参考サイト:銀河の森天文台


天体観測

天体観測


Kenko 天体望遠鏡 スカイエクスプローラー SE-GT100N 自動導入機能付き ニュートン反射式 SE-GT100N

Kenko 天体望遠鏡 スカイエクスプローラー SE-GT100N 自動導入機能付き ニュートン反射式 SE-GT100N


2月4・5日は「しばれフェスティバル」。日本一の寒さが売り物の、寒~いお祭り!!

f:id:kaoruikeda:20170201165832p:plain

寒さを楽しむぞ~!!

「しばれフェスティバル」は、日本一寒い陸別町が、1年でもっとも冷え込む時期に開催されるという、“日本最寒”のお祭りです。この時期は-20℃を下回ることもあり、全国各地から毎年観光客が訪れ、年を追うごとに知名度が上がっています。
一番の見もの(?)は「人間耐寒コンテスト」。バルーンマンション(丸い形のかまくら)で一晩耐え抜いて朝まで過ごすと、認定証がもらえるという、過酷なコンテストです。参加者に許される唯一の暖は、バルーンの外にある「命の火」という巨大な焚き火のみ。無事に朝まで過ごすことができた参加者には、朝食と朝風呂が用意されています(今年の受け付けは終了しています)。
また、4日には、よしもとお笑いステージショーや、しばれ花火大会があるほか、5日には、スノーラリー、乗馬体験、スノーラフティング、お楽しみ抽選会などがあります。会場には縁日があり、ジャンボすべり台やジャンボパチンコなどで遊ぶこともできます。
〈参考サイト:しばれフェスティバル公式HP〉
〈参考ツイッター:北海道_陸別町

陸別町の公式ツイッターを見ると、「-30℃になった!!」「髪の毛が凍った!!」「今冬は昨年より、かなりしばれてます!!」「今期最低気温を更新しました!!」などとあり、なんだか寒さを楽しんでいるようにさえ思えます。こんなに寒い町なのだから、夏はどんなに涼しいのだろう…と思いきや、盆地のせいか、夏は夏で暑く、北海道なのに30℃を超える日もあります。冬は-30℃、夏は30℃。その差はなんと60℃!! 日本一暑い町でも、こんなに温度差があるところはないでしょう。そろそろ、しばれフェスティバルが始まります。-20℃はどんな寒さなのでしょう。はじめて訪れた人はあまりの寒さに、駅に降りたとたん、思わず笑ってしまうかもしれませんね。